堺で外壁のリフォームをお考えなら丁寧な仕事を心がける会社【川原塗装店】まで!

~雨漏りを防ぐ防水工事の方法~

新築から10年、20年と経過した住宅は外壁が傷んできています。さらに、30年以上たった住宅では表面の劣化が進んでいるのはもちろん、内部まで劣化が及んでいる可能性もあります。

外壁のリフォームには大きく分けて、外壁を守る塗料を新しくする「塗り替え」と既存の外壁の上から外壁材を重ねる「重ね張り」、下地から新しくする「張り替え」の3種類があります。その中でも塗り替えは一番手軽に行える方法です。塗料を塗る事で、家を自然環境の影響から保護し劣化を防ぐ大きな役割があります。

塗料にも様々なグレードがあり、ご要望に合わせて選ぶ事が出来ます。の【川原塗装店】では、外壁のリフォームに関するご相談を随時承っていますので、是非ご利用下さい。


雨漏りを防ぐ防水工事の方法

家の一部でありながら、外の空気や太陽を直接感じる事が出来るベランダは、洗濯物を干すだけでなく、カフェスペースとして活用する事もある居心地の良い場所です。 ベランダの床には防水加工がされていますが、劣化してしまうと雨水が下地に浸入して雨漏りを起こしてしまい、家の寿命を縮める原因になる事があります。
防水工事は、屋上に適しているシート防水やコンクリート防水もありますが、一般的なベランダの場合は、繊維強化プラスティックを使った軽量で耐久性の高いFRP防水や、工期が短くコストも抑えられるウレタン防水などがおすすめです。 防水工事をする事で、ベランダの耐久性が増し、雨漏りを10年~13年ほど防ぐ事が出来るので安心です。

ウレタン・コンクリートなどの防水工法に対応

堺で防水工事を業者に依頼したい方は【川原塗装店】にお任せ下さい。【川原塗装店】では、一般的なベランダに適しているウレタンやコンクリートなどの様々な防水工法に対応しており、ひび割れなどの補修も承っています。
防水加工が施されていても、細い亀裂や塗料の劣化などで、10年を経過する頃からベランダの床は雨漏りの不安が生じてきます。【川原塗装店】は、まず点検を行い現場の状況を分かりやすくお伝え致しますので、防水工事が初めての方も安心してご依頼下さい。

建物の規模にかかわらず丁寧に施工

堺の防水工事を承る【川原塗装店】は、建物の規模にかかわらず丁寧な施工を心がけています。屋上やベランダは、雨や風、太陽の紫外線など過酷な自然環境にさらされている為、特に劣化しやすい場所です。また劣化が起こる事で、雨水が建物の中に浸入する可能性も高くなります。

家のトラブルの中でも雨漏りは被害が大きく、家の寿命を縮めてしまう原因になるので、防水を行う事はとても大切です。【川原塗装店】は、長年塗装業を行ってきた実績と高い技術力で、戸建て住宅はもちろん、堺のマンションやアパートのベランダ、ビルの屋上などの施工を行います。


堺で外壁のリフォームをお考えなら【川原塗装店】

お見積無料です。 工事に関する質問でも構いません。
まずは、メール・お電話・ファックスでお気軽にご連絡ください。

会社名 株式会社川原塗装店
所在地 〒590-0064 大阪府堺市堺区南安井町3丁目2番13号
TEL 072-232-6604
FAX 072-232-9900
E-Mail painter@iris.eonet.ne.jp